お手入れお悩み解決

室外機の掃除は必要?!エアコンクリーニングで得られる効果とは

空間
リビング・寝室・居室
関心
お手入れお役立ちサービス

そろそろエアコンが活躍する季節になってきました。久しぶりにエアコンを稼働したら、室外機から音がする…という経験はありませんか?それは室外機を掃除しなければならない合図です。そこで今回は、室外機を掃除することで得られる効果やエアコンクリーニングの必要性などをご紹介していきたいと思います♪

室外機の掃除が必要な理由

これからの季節、頻繁に使うであろうエアコン。エアコンの掃除をするというご家庭は多いと思いますが、合わせて室外機の掃除も行っていますか?

電気代がかかる

室外機が設置されているのは屋外。屋外は、目には見えないホコリやチリなどが空気中に浮遊しています。これらが室外機の内部に入り込み、汚れとして固着してしまうと空気口を塞いでしまうことも。そのため、空気の循環がスムーズに行えず使用する電力がただただ増えてしまうのです。

不快な音がする

エアコンを久々に稼働したり、室外機の掃除を怠っていると汚れが溜まりますよね。室外機のフィルターにホコリやチリが詰まるとガタガタと音が鳴ってきます。それは室外機を掃除しなければならない合図!あまりに大きい音が続くと、騒音問題に繋がる可能性も。

室外機の故障・劣化

室外機も電化製品の一つ。雨風にさらされている室外機は、長年使っていると古くなり部品が劣化してしまったり、室外機自体が故障してしまう恐れもあります。そのため、室外機の定期的なメンテナンスや掃除をすることがとても重要なのです。

ご家庭で出来る掃除方法

日光が出ていて暖かい日中や、気温の高い季節などに室外機の掃除を行うのがベスト!では、ご家庭で出来る掃除方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

室外機の周辺をキレイに

室外機に手を付ける前に、まずは周辺の掃除を行いましょう。室外機の周りに物が置かれていると空気の循環の妨げになります。枯れ葉やゴミは掃き掃除、室外機の外側は軽く水拭きをします。外側に落ち葉など大きな汚れがついている場合は、ほうきなどでまず落とします。室外機と壁の間に挟まった枯れ葉や蜘蛛の巣などもほうきで払い落としましょう。その後、ホースなどをあてて水で汚れを落とします。もともと室外機は外に置いてあるもののため、台風にも耐えられるように作られています。そのため、ホースなどを当てても問題はありません。泥や砂汚れが気になる場合は、雑巾などで拭き取りましょう。

内部の掃除も大事なポイント!

室外機のカバーを外して中を見てみると、ファンがありますよね。このファンに汚れが付着すると不快な音が鳴り続け、最悪の場合は故障にも繋がってしまいます。使い古した歯ブラシやブラシでホコリを取り除き、掃除機で吸い取りましょう。フィン部分を覆う、網目になっている部分にも汚れが溜まっている事が多いです。網目部分は、歯ブラシで掃除しましょう。強くこすりすぎると、網目部分が曲がってしまうこともあるので、丁寧に掃除してください。ここは、無理に掃除をしようとすると怪我をしたり、故障の原因となったりするので無理のない範囲で掃除をするようにしましょう。

裏側もチェック

室外機の裏側にある、水抜き用の穴やホースも詰まっていないかチェックしましょう。細部のゴミや汚れは割りばしや綿棒で取り除けばOK。室外機の底には水抜き穴があります。ここは、エアコンを使うことで出てきた水を排水する所で、ここが詰まると室外機の中に水が溜まってしまいます。この部分も歯ブラシなどを使って汚れを掻き出します。無理に奥までやろうとすると、先程と同じく、怪我や故障の原因となってしまうので、手の届く見える範囲のみを掃除するようにしてください。

周辺の掃除

最後に、掃除が終わったら室外機の周りも一緒に掃除します。室外機に関係ないように見えるかもしれませんが、室外機のすぐ近くに鉢植えなど物を置いてしまうと、空気の流れを邪魔してしまい、汚れと同じように無駄に電力を消費することに繋がる場合があります。室外機から半径20cmのところには、物を置かないようにしましょう。

自力で上蓋は外さない方が良い

自力で上蓋を取り外す場合は、やはりある程度危険が伴います。

・フィン部分など手を切りやすいところが多い

・モーターや基盤に水や洗剤をかけると故障の原因になる

・エアコン側で電源を抜いて一定の時間放置しないと感電の可能性もある。

このような危険が伴うため、上蓋を自力で外して掃除することはあまりオススメできません。

・分解して内側から洗浄することができる

・底部分にたまった枯葉など除去することができます。

また、室外機がベランダにある場合は洗浄が可能ですが、外壁に取り付けれているものの掃除は危険です。

内部はプロにお任せ!

室外機の掃除を怠ると、エアコンの機能の低下や電気代の増加にも繋がるので定期的にメンテナンスと掃除を行うようにしましょう!室外機の内部は複雑な構造なので、間違った掃除の仕方をすると故障してしまう恐れも。室外機の不具合や掃除が困難な場合は、プロのクリーニングにお任せください! 室外機をキレイにして、暑い日も快適に過ごしましょう!

エアコンクリーニングを頼むならリクシルのお掃除サービス

フィルターやカバー部分はもちろん、日ごろお掃除できないエアコンの内部パーツまで分解し専用洗剤で徹底洗浄!エアコンメーカーと独自研修で高い技術力があるので、安心してお掃除をおまかせください!

エアコンがキレイになると、電気代節約・臭いの解消・病気リスクの低減にもつながりますよ。ぜひ皆さんも一度プロに任せてきれいなお家で気持ちよく過ごしましょう!

記事提供:株式会社カジタク

株式会社カジタクはプロのハウスクリーニング、宅配クリーニング、家事代行、整理収納など家事の宅配サービスを提供しているイオングループの会社です。

リクシルオーナーズクラブ(年会費無料)