Images

リビングで観戦しよう!

2020年はいよいよ東京でオリンピックが開催されます。
競技のルールを学び、楽しみ方を知って会場だけでなくリビングでも楽しく観戦しませんか。

リビングで観戦しよう! Let’s try surfing!(後半)


Let’s try surfing! サーフィンビギナーが知っておきたいあれこれ

日本は海に囲まれた島国で、少し車を走らせればすぐに海を見つけられますね。ですが、サーフィンをするには、どこのビーチでもいいわけではありません。波には、サーフィンに適したよい波と、そうでない波があります。よい波でサーフィンをすることが、サーフィン上達の近道です。そこで後半は、関東近郊のオススメビーチの紹介と上達のコツを合わせてご紹介します。


サーフィンのポイント選び

サーフィンをする場所のことを「ポイント」と言います。

パドリングとテイクオフ(後述します)が十分にできるようになるまでは、いろいろなポイントに行かず、 毎回同じポイントに通った方が上達が早くなります。天候や潮の満ち引きで波の大きさは変化しますが、そういった波の変化も、同じポイントに通うことで短期間で学べるからです。

ホームポイント選択のコツは、移動時間がかからず、毎週通っても苦にならない程度の場所を選ぶこと にあります。以下で、関東近郊のおすすめポイントをご紹介しましょう。カギ括弧内は通称です。


・「椎名内」飯岡町椎名内


・「作田」九十九里町作田

広く空いていますが、カレント(潮の流れ)には注意が必要です。


・「片貝」九十九里町片貝

東京からのビジターには特にポピュラーなポイントです。


・「一宮」一宮町一宮

堤防沿いのカレントに注意しましょう。


・「太東」岬町太東

ロングボーダーが多いポイントです。


・「御宿」御宿町

隣接の「岸和田」よりワンサイズ小さくなります。


・「シーサイド」鴨川市前原

老舗ショップ「ノンキー」のスクールに入れば、多少の混雑も問題ありません。


・「白渚」和田町 

ボードのサイズが小さいときのみ使える初心者向けのポイント。


・「ファミリーパーク下」「グランド前」(平砂浦)白浜町 

荒涼として一見ハードに見えますが、ボードのサイズが小さいときは初心者向けです。ただし、サイズアップしたらハードに豹変します。


なお、天気予報やウェブサイトなどでコンディションを確認してから、ポイントに向かってください。




サーフィン上達の秘訣

サーフィン上達の最大の秘訣は、何より楽しむことです。波とひとつになったときの高揚感は、言葉では 言い表せないものがあります。最初に味わうであろうその感触を、どうかいつまでも忘れないでいてほしいと思います。そして、時間を作ってたくさん海に行きましょう。うまいかどうかより大事なのは、自分のスタイルのサーフィンを見つけ、楽しむことです。ですので、ここではひとつだけ、基本であり、“最終奥義”でもあるテイクオフについて解説しましょう。


【テイクオフとは?】

サーフィンにおけるテイクオフとは「波に乗る瞬間」のことを指します。厳密に言うと、寝そべった状態でパドリング(水をかいて前に進むこと)しながら加速し、波の勢いに乗って立ち上がった瞬間がテイクオフです。テイクオフはパドリングに次ぐ基本中の基本です。サーファーのあいだでは「テイクオフを制する者はサーフィンを制する」とまで言われます。


【テイクオフのコツ】

ボードの種類ごとに、テイクオフのコツは異なります。以下でご紹介しましょう。




・ショートボードのテイクオフ

ショートボードの場合は加速が速いので、「いい波が来たな」と思ったら、パドルを開始しましょう。 ボードが走り出して、テール(ボードの押しの部分)が上がってきて、十分加速してから一気に立ち上がります。必ず目線は前に置くこと。下を向いて前かがみになると、顔から海に突っ込む恐れがあります。これは、すべての種類のサーフボードに共通して言えることです。


・ロングボードのテイクオフ

ロングボードの場合は、トップスピードに乗るまで時間がかかるので、うねりを見つけたら早めにパドルを開始することが大事です。パドル中にノーズ(ボードの先端)が海面に沈み込み転倒するパターンが多くなっています。これを防ぐために、ロングボードでは、パドル開始時に乗る場所を前後に調整してから、パドルを開始します。ボードが波に押されていることを確認したら、慌てず立ってみましょう。


今回は、サーフィンビギナー向けに、道具の選び方やポイント、上達のコツなどをご紹介しました。2020年東京オリンピックのサーフィンをより楽しむために、自身でもサーフィンを初めて見てはいかがでしょうか。サーフィンを通して、あなたの人生がより豊かなものになりますように。



------教えてくれたのはこの方-----
ライター堀 光(ホリ ヒカル)
東京都渋谷区出身。父と出かけたスペインの自由な雰囲気に刺激を受け、よりよい環境、おもしろいことを探しに世界放浪。現在は一時帰国中。サーフィン関連の記事を中心に執筆中。得意ジャンルはサーフィンのほかに、サッカー、旅、音楽。



リビングで観戦しよう! セーリング(後半)

競技に打ち込む選手や、中継番組などでレースを伝えるメディアの方に、セーリング競技の魅力と観戦のポイン...

リビングで観戦しよう! セーリング(前半)

「見ていると優雅で気持ちよさそうだけど、ルールがよくわからない」「種目がたくさんあるけど、違いや見分...

リビングで観戦しよう! Let’s try surfing!(前半)

サーフィンに必要な道具やおすすめスポット、上達のコツなど、サーフィンを始めるために知っておきたい情報...
Icon SVG

関連記事