Images

ちょこっと掃除でキレイをキープ!

整理収納は様々な所で効果をもたらします。
災害時には安全で安心できる整理収納など、無理なく続けられる整理収納・お掃除習慣を身につけましょう。

朝夕1か所ずつ、3分掃除を始めよう!

忙しい人にこそ実践してもらいたい!毎日ちょっとずつ掃除をする「ちょこっと掃除」を始めてみませんか。


全部を一度にやろうと考えず、1日の“ちょっとだけ”を掃除の時間に充てるのです。だから、1か所にかける時間はせいぜい3分程度。朝と夜に1カ所ずつ掃除をすれば、1日に家の中の2か所掃除できることになります。できそうなところからお掃除習慣を身につけましょう。


お掃除3か条“溜めない・汚れない・汚さない”

一時的にキレイではなく、ずっとキレイなお部屋で生活したいのなら、汚れを「溜めない」ことが一番大切です。それと同時に「汚れない」よう、「汚さない」工夫をしましょう。この3つを上手に回して楽してキレイが続くコツをご紹介します。


●朝夕の「まめにして溜めない3分掃除」

朝は、起きてすぐにフロアワイパーで床掃除をするのがおススメめです。家庭の汚れの大半はホコリが原因。空気中に漂い、時間をかけてゆっくりと落ちてきます。

そこで、一番効率の良いお掃除とは、寝ている間に床に落ちたホコリを吸着させて取る方法です。これなら手軽に用意ができ、音の出る心配もありません。

夜は浴室の鏡の水垢予防をお勧めします。水垢は、ついてしまうとやっかいな汚れになりがちです。家族のお風呂が終わったあと鏡についた水滴を空拭きするだけで水垢になりません。


お料理中の「ちょこっと掃除」で油汚れを溜めない

溜めると頑固になりやすい、コンロ周りに飛び散った油汚れを簡単に落とす方法をご紹介します。キッチンにあるサラダオイルをボロ布につけて拭くだけです。同じ性質のものは混ざりやすいという特性を応用したお掃除方法です。ベトベト油も手軽に落とすことができます。残った新しい油はお湯で拭き上げるときれいにとれます。


汚れる前のひと手間が「キレイをキープ」させる

いつもキレイに暮らしている人は、こまめにお掃除をしているものです。特別に落ちる洗剤や道具を使っているわけではありません。昔ながらの「払う・吸う・拭く」のお掃除の基本を知っていればできること。気持ちよい毎日を過ごすためにもまずは「まめにして溜めない」お掃除習慣を身につけましょう。




------教えてくれたのはこの方------
道久礼子(みちひさ れいこ)さん
NPO法人ハウスキーピング協会認定 1級認定講師(株)整理収納教育士 執行役員 特定非営利活動法人 日本防災士機構認定 防災士「モノ」は少なく「心」は豊かに!をモットーに、特技の整理収納とお掃除で“居心地のいいお部屋づくり”をサポートします。双子の育児経験から家事効率を上げる整理収納術を生み出し実践。日々の疲れが癒されるような、家族が喜んで帰ってくるような、明日また頑張ろう!って思えるような暮らしを目指します。

頑張るばかりではなくて「お掃除しなくてもいい」方法とは

キレイをキープするための3か条“溜めない・汚れない・汚さない”の注意点

安心簡単!手軽にできるエコロジー洗剤を使ったお掃除方法

汚れにあった洗剤をつかって効果的に汚れを落とす!

いつもやっていることの「ついでに掃除」と「タイミング掃除」

朝、洗顔する“ついでに”洗面ボールをお掃除する!
Icon SVG

関連記事