Images

ひとの家見て、わが家を直せ。

がんばって家を建てた人の裏話ほど素敵な話はない!
片づけ・収納設計で人気の建築家と建築専門誌元編集長の聞きたくても聞けない家づくり事情。
会員限定

【第16回】ある日、子供がペットを飼いたいと言い出したら(4)

藤山:犬と猫の話ばかりしてきましたけど、それ以外のペットを飼われているお宅も当然ありますよね。これまでの設計で思い出に残っているお宅ってあります?

鈴木:フェレットだね。フェレットを2匹飼っていたお客さんがいた。

藤山:フェレットってイタチみたいなやつでしょう?どうやって飼うんですか。

鈴木:基本的にはケージの中に入れて飼うんだけど、せっかく新築するんだからって、そのときは階段の横の余ったスペースにガラス戸付き、換気扇付きのフェレットルームをつくった。ケージの扉をあけると中にハンモックみたいなものが吊るしてあって。

藤山:動物園並みの環境じゃないですか。

鈴木:でも、竣工してすぐ2匹とも死んでしまった。

藤山:あらら。

鈴木:あとで知ったんだけど、フェレットって寿命が短いんだよ。平均で7年くらいしか生きられない。だから、その家には主のいない部屋がいまだにずーっとそのまま残っているの。

藤山:新しいフェレットは飼わないんですか?

鈴木:フェレットはすぐ死んじゃうから、今度は猫にするって。

藤山:いさぎよいな(笑)。

鈴木:あとは、ペットかどうか分からないけど、アリを飼っている人がいたね。ほら、アリというと、縦にスライスされた土の中で巣をつくるのを観察するってイメージがあるじゃない?


藤山:ああ、そのイメージはあります。

鈴木:でも、その家のご主人は、平べったいプラスチックの箱に迷路のように仕切り板を立てて、そこにアリを入れて飼っていたの。

藤山:ほう。

鈴木:で、新築のとき、ご主人の書斎のデスクにプラスチックの箱が一望できるような薄い引出しをつくってあげた。それはすごく喜ばれたんだけど、引っ越して半年くらいして、ある日引出しを開けてみたら、アリが全員いなくなっていたらしい。


藤山:どこに行ったんですか?

鈴木:どこに行ったんだろうね(笑)。

藤山:いやいや、そこ大事でしょう。いきなり何百匹?何千匹?もアリがいなくなるって……。その箱は密閉されていなかったんですか?

鈴木:いちおう、密閉はされていたと思うけど。

藤山:なのに、どうして出て行けるんですか?しかも全員。

鈴木:それが分からないの。

藤山:ああ、それはもしかして、新居の居心地が悪かったんじゃないですか?アリのご家族に対しては。

鈴木:それはすまなかった(笑)。ちなみに、そのアリを飼っていた人も、アリが出て行ったあとは飼うのをやめてしまったね。

藤山:そして引出しだけが残った、と。

鈴木:ペットと家の関係って、実はそこがすごく悩ましいところなんだよ。

藤山:“そこ”ってどこですか?

鈴木:ペットが一つの「趣味」だという点。最近はペットを家族同然に扱っている家も増えているけど、一方で、趣味としてペットを飼っている家も依然として多いわけ。そうなると、さっきのフェレットみたいに、死んでしまったらもう飼わないとか、次は猫にしようとか、動物の種類もころころ変わる。建築工事として何かをつくってしまうと、動物の生態に合わせた変更は、なかなか難しいという問題はあるよね。


藤山:犬が好きな人はずーっと犬を飼い続けて、猫が好きな人はずーっと猫を飼い続けるものかと思っていましたが、そうでもないんですか?

鈴木:たしかに、犬と猫はそのまま継続するパターンが多いと思う。でも、それ以外の生き物は続かないことが多い。要するに、なんとなく心が通い合わない、通い合わないとは言わないけれど、犬や猫に比べれば心と心の結びつきが弱い生き物の場合は、どんなに熱心に育てていても、ちょっとしたきっかけでつい心変わりがしやすいのだろうね。

藤山:それはまさしく結婚生活と同じじゃないですか。心が通い合わなくなったあたりで、だいたい浮気をし始める。

鈴木:(笑)。だから、やっぱり飼うなら義理人情系の猫なんだよ。



(おわり)
記事をすべて読むには 会員登録 が必要です

一覧へ

ひとの家見て、わが家を直せ。

(鈴木 信弘)一級建築士。神奈川大学工学部建築学科非常勤講師。1990年、横浜市に一級建築士事務所「鈴木アトリエ」を開設。収納・片づけに関するノウハウと生活者の視点に立ったきめ細やかな設計提案で世代を問わず人気を集める。2013年刊行の著書『片づけの解剖図鑑』(エクスナレッジ)は、散らかりにくい家のしくみを建築設計の視点で分析した“異色の片づけ本”として一躍ベストセラーに。いま注目の建築家の一人。

(藤山 和久)編集者。建築専門誌「建築知識」元編集長。2004~2015年、株式会社エクスナレッジに在籍。これまで延べ1,000人以上の建築士、業界関係者を取材。その豊富な経験をもとに、一般向け書籍でも数多くのヒット作を世に送りだす。2009年刊行の『住まいの解剖図鑑』(増田奏・エクスナレッジ)は、家づくりの入門書として絶大な人気を誇るロングセラー。著書に『建設業者』(エクスナレッジ・2012年)など。

【第84回】読者のお悩み相談 結露その他編(4)

がんばって家を建てた人の裏話ほど、素敵な話はない!片づけ・収納設計で人気の建築家と、建築専門誌元編集...

【第83回】読者のお悩み相談 結露その他編(3)

がんばって家を建てた人の裏話ほど、素敵な話はない!片づけ・収納設計で人気の建築家と、建築専門誌元編集...

【第82回】読者のお悩み相談 結露その他編(2)

がんばって家を建てた人の裏話ほど、素敵な話はない!片づけ・収納設計で人気の建築家と、建築専門誌元編集...
Icon SVG

関連記事