Images

ひとの家見て、わが家を直せ。

がんばって家を建てた人の裏話ほど素敵な話はない!
片づけ・収納設計で人気の建築家と建築専門誌元編集長の聞きたくても聞けない家づくり事情。
会員限定

【第10回】やっぱり必要ありませんでした(2)

鈴木:都心の一等地に土地を買われたお客さんで、趣味はバイクという若いお父さんがいる3人家族。クルマは持っていないけど、家を建てるなら大きな駐車場をつくって、アルファロメオでも止めたいなと。じゃあ、3階建ての1階部分は思い切って全部ガレージにしちゃいましょうという話になった。

藤山:男の憧れですね、ガレージ。

鈴木:せっかくだから、新築の記念にハーレーに乗り換えますとか、夢はどんどん膨らんで、ほとんどフルスペックに近い豪華なガレージをつくったわけ。

藤山:ええ。

鈴木:でも、いつまで経ってもクルマを買う気配がない。気になって久しぶりに訪ねてみたら、もともと置いてあったカワサキのバイクもそこにはない。ご主人にうかがったら、「バイクは売りました」って。

藤山:なんでまた。

鈴木:「なんか、家建てたらライフスタイルが変わっちゃったんですよね」って。そのときはジョギングにはまってました。実は、「ガレージがほしい」という男性は多いんだけど、実際にガレージを活用している人って意外と少ないんだよ。


藤山:えーそうなんですか。ガレージに一人でこもって、所さんみたいに趣味の世界に没頭しているのかと思いきや。

鈴木:それがそうでもないの。なぜかというと、きちんとしたガレージは排気ガスの処理や防犯性能も必要だから、ほかの部屋とは切り離した一区画としてつくることが多いわけ。そうなると、半分屋外みたいな場所になるから、ガレージに行くことが「わざわざガレージに移動する」って感覚になっちゃうんだよ。要は、おっくうになる。

藤山:移動が不便という理由で、だんだん使われなくなるんですか?

鈴木:そういうこと。人間って、ちょっと不便を感じるだけで、すぐに足が遠のいてしまう生き物なんだよ。いま話しながら思い出したけど、もう一つスゴイ話があった。せっかくがんばってつくったのに、寝室と子供部屋を両方とも使わなかった家がある。もちろん、打ち合わせのときは寝室も子供部屋も要望に入っていて、それ相応の予算をかけてきちんとつくった家だったんだけど……。


藤山:どういう家ですか?

鈴木:二世帯住宅なんだけど、1階が親世帯、2階が子世帯で、地下階に子世帯の寝室と子供部屋を置いたプラン。

藤山:ちょっとイレギュラーですね。

鈴木:まあね。で、敷地が狭かったので、空間を有効活用するために、子世帯が生活する2階のリビングダイニングに2畳程度のロフトをつくったの。そしたら、子世帯の夫婦と一人娘がそのロフトで寝起きを始めてしまった。

藤山:地下の寝室には行かずに?

鈴木:そう、ロフトのほうが近くて便利なものだから、そこに居付いちゃった。

藤山:お子さんはおいくつですか?

鈴木:いま、小学3年生。当時はまだ幼稚園だったから、ロフトで一緒に寝起きするのはよく分かる。でも、小学生になったし自分の部屋もほしいだろうから、そろそろ地下の部屋を使うのかなぁと思っていた頃、ちょうどそこのご主人から電話がかかってきた。「鈴木先生、子供部屋をつくりたいのですが、2階の隣に一部屋増築できませんか?」って。

藤山:地下の子供部屋は?

鈴木:そう思うじゃない?だから言ったの、地下に広い部屋があるでしょって。そしたら、「2階から地下まで降りて行くの、面倒なんですよねぇ」だって(笑)。

藤山:そりゃ、面倒かもしれないけど。

鈴木:遠いからイヤなんだって。

藤山:イヤって言われても……。地下の部屋って何畳くらいなんですか?

鈴木:18畳。

藤山:え、えー。6畳程度ならまだしも、18畳の部屋をまったく使っていないんですかぁ。

鈴木:そう。いまだに広大な物置部屋になっている。



(つづく)
記事をすべて読むには 会員登録 が必要です

一覧へ

ひとの家見て、わが家を直せ。

(鈴木 信弘)一級建築士。神奈川大学工学部建築学科非常勤講師。1990年、横浜市に一級建築士事務所「鈴木アトリエ」を開設。収納・片づけに関するノウハウと生活者の視点に立ったきめ細やかな設計提案で世代を問わず人気を集める。2013年刊行の著書『片づけの解剖図鑑』(エクスナレッジ)は、散らかりにくい家のしくみを建築設計の視点で分析した“異色の片づけ本”として一躍ベストセラーに。いま注目の建築家の一人。

(藤山 和久)編集者。建築専門誌「建築知識」元編集長。2004~2015年、株式会社エクスナレッジに在籍。これまで延べ1,000人以上の建築士、業界関係者を取材。その豊富な経験をもとに、一般向け書籍でも数多くのヒット作を世に送りだす。2009年刊行の『住まいの解剖図鑑』(増田奏・エクスナレッジ)は、家づくりの入門書として絶大な人気を誇るロングセラー。著書に『建設業者』(エクスナレッジ・2012年)など。

【第84回】読者のお悩み相談 結露その他編(4)

がんばって家を建てた人の裏話ほど、素敵な話はない!片づけ・収納設計で人気の建築家と、建築専門誌元編集...

【第83回】読者のお悩み相談 結露その他編(3)

がんばって家を建てた人の裏話ほど、素敵な話はない!片づけ・収納設計で人気の建築家と、建築専門誌元編集...

【第82回】読者のお悩み相談 結露その他編(2)

がんばって家を建てた人の裏話ほど、素敵な話はない!片づけ・収納設計で人気の建築家と、建築専門誌元編集...
Icon SVG

関連記事