Images

ひとの家見て、わが家を直せ。

がんばって家を建てた人の裏話ほど素敵な話はない!
片づけ・収納設計で人気の建築家と建築専門誌元編集長の聞きたくても聞けない家づくり事情。
会員限定

【第8回】家づくり、うまくいく人 いかない人(4)

鈴木:しかし、考えてみたらさ。自分の中に秘めたることを外部の人に公表する機会って、日常的にはないじゃない? 仲のよい友達にしゃべるならまだしも、赤の他人にあからさまにしゃべるというのは、ありえない話だよ。

藤山:たしかに。

鈴木:たとえ設計を依頼している相手であっても、わが家の恥部を晒したくないという感覚はずっとあるからね。クライアントに気を利かせて、「お子さんもまだ小さいですし、打ち合わせはお宅でやりましょう」って提案しても、「えー、うちに来るんですか~」と嫌がる人は多いよ。「いま、どれくらいモノがあるかも見たいので」なんて言っても、「いやー、ちょっと片づいていないので……」って急に歯切れが悪くなる。こっちはきれいな家を見たいわけじゃないのに。

藤山:現状のモノの量とか、片づけられる人か散らかしがちな人かを知りたいだけですよね。

鈴木:そう。それなのに、「いらっしゃる前に、きれいに片づけておきますので」って。俺は家庭訪問の先生かっ(笑)。

藤山:(笑)。まあ、わが家の内部事情は、最高機密に属する情報でもありますから。

鈴木:いちばんのプライバシーだもんね。


藤山:でも、そこはグッと我慢して公開したほうがいい?

鈴木:そのほうがいいと思う。以前、70代のおばあさんからこういう相談があったの。「旦那が1年前に亡くなったので、いま住んでいる家と土地を売ってマンション住まいにしようと思っている」と。

藤山:ええ。

鈴木:「でも、娘たちが『あれはお父さんが一生懸命働いて買った土地なのだから絶対に残すべきだ』と反対している」と。ただ、聞いてみたら、2人いる娘のうち一人は独身でアメリカ在住、もう一人は結婚して九州にいる。どちらもこの先一緒に住む予定はないと言うわけ。

藤山:はい。

鈴木:「だったら、おやめなさい」と言ったの。いまから建て替えるのは、年齢的にも経済的にも大変だからって。そしたら、半年後にまた相談があった。で、結局、建てたんだよ。でも、2回目に相談されたときは、「人生最後だから好きなようにする!」って、すっかり前向きで明るくなっちゃって打ち合わせから楽しんでもらったね。


藤山:いい話。

鈴木:同じ建て替えの相談でも、そういう身の上話みたいなところから始まるときは最初から本音が出やすいじゃない?お互いに腹を割って話すから、信頼関係も築きやすいし、いい結果にもたどり着きやすい。

藤山:そうか。分かりました。家づくりのスタートは、相手にまず身の上話を聞いてもらうつもりで相談に行けばいいわけですね。

鈴木:そういうことだな。

藤山:だったら、占いのできる設計者なんていたら、ちょっと流行るかもしれません。

鈴木:Dr.コパなんて、まさにそうじゃん(笑)。

藤山:あー、そうだ。家相から住まいを考える建築家。ということは、Dr.コパに頼むといい家ができるんですかね?

鈴木:それは知らない(笑)。家、見たことないし。

藤山:そういえばあの方、最近は馬主としても有名ですよね。「コパノなんとか」って馬は、全部あの人が馬主ですよ。

鈴木:やっぱり、家相とか風水とか、最後はそういうものが強いよ。住宅の設計を始めて四半世紀、ほとんど図面が出来上がった段階で、「家相の先生に見てもらったらダメだと言われたんです」と、一気にひっくり返された経験が何度かあったなぁ……。

藤山:鈴木さんもその「経験者」ですか(笑)。でも、設計者渾身の提案を、家相の先生の一言がやすやすと蹴散らしてしまうという事実が、住宅の設計が単なる工学的側面だけでは語れない世界だということを、改めて物語ってもいますよね。

鈴木:それだけ住宅設計の世界は多面的だってことだよ。



(おわり)
記事をすべて読むには 会員登録 が必要です

一覧へ

ひとの家見て、わが家を直せ。

(鈴木 信弘)一級建築士。神奈川大学工学部建築学科非常勤講師。1990年、横浜市に一級建築士事務所「鈴木アトリエ」を開設。収納・片づけに関するノウハウと生活者の視点に立ったきめ細やかな設計提案で世代を問わず人気を集める。2013年刊行の著書『片づけの解剖図鑑』(エクスナレッジ)は、散らかりにくい家のしくみを建築設計の視点で分析した“異色の片づけ本”として一躍ベストセラーに。いま注目の建築家の一人。

(藤山 和久)編集者。建築専門誌「建築知識」元編集長。2004~2015年、株式会社エクスナレッジに在籍。これまで延べ1,000人以上の建築士、業界関係者を取材。その豊富な経験をもとに、一般向け書籍でも数多くのヒット作を世に送りだす。2009年刊行の『住まいの解剖図鑑』(増田奏・エクスナレッジ)は、家づくりの入門書として絶大な人気を誇るロングセラー。著書に『建設業者』(エクスナレッジ・2012年)など。

【第84回】読者のお悩み相談 結露その他編(4)

がんばって家を建てた人の裏話ほど、素敵な話はない!片づけ・収納設計で人気の建築家と、建築専門誌元編集...

【第83回】読者のお悩み相談 結露その他編(3)

がんばって家を建てた人の裏話ほど、素敵な話はない!片づけ・収納設計で人気の建築家と、建築専門誌元編集...

【第82回】読者のお悩み相談 結露その他編(2)

がんばって家を建てた人の裏話ほど、素敵な話はない!片づけ・収納設計で人気の建築家と、建築専門誌元編集...
Icon SVG

関連記事