Images

素敵なおもてなしを日常に。

笑顔が集まる食空間演出をコンセプトに、誰でもできる!
おうちの食器で素敵にテーブルコーディネート。
家族だっておもてなししたくなる、そんな日常を食卓から。。。

桜をめでる お花見ビュッフェPARTYのテーブルコーディネート術

もうすぐ、桜が咲く季節がやってきますね。目に映る景色や空気から、春の訪れを感じます。 桜といえば!やはりお花見ですよね。 今日は、おうちでのお花見PARTYの時間を素敵に演出し、お花見の時間が楽しめるご提案をしたいと思います。


ご提案するのは、「持ち寄りお花見ビュッフェPARTY」と、その「テーブルコーディネート術」です。


まずは「持ち寄りお花見ビュッフェPARTY」について。

人数が多くなるときのお花見PARTYでは、料理は持ち寄りにし、ビュッフェ形式にするのがオススメです。そうすることで、準備の手間が少なくできる上、各自で好きな料理を選べます。

おうちでの「持ち寄りお花見ビュッフェPARTY」はやってみたいけど、どんな料理にしたらいいの?という方へ。料理選びのポイントは3つです。

■「持ち寄りお花見ビュッフェPARTY」での料理選びのポイント

1、テーマに合わせた季節感

お花見PARTYの料理には、桜をイメージした色や形、桜の季節限定のものなど、お花見を盛り上げるものがオススメです。デザート、ドリンク、メイン、サラダなど、参加者の方がそれぞれ役割分担するのもいいですね。

2、取り分けやすい料理

ビュッフェでは、取り分けやすく食べやすい料理がオススメです。ミニカップに小分けに盛りつけたり、パクッと手でつまめるものが喜ばれます。 料理はピックを挿して盛りつけたり、何種類かのディップを準備するのもGOOD! とは言え、全てを小分けにすると器の準備が大変なため、大皿も活用するようにしてください。

3、冷めてもおいしく、持ち運びしやすい料理

持ち寄りビュッフェPARTYの際には、前日から用意しておける料理や、持ち運びしやすく冷めてもおいしいものがおすすめです。 手まり寿司やローストビーフ、マリネなどなら、彩りもよく豪華に見えますよ。 温かい方が美味しいスープなどの持ち運びが難しいものは、ホストの方にお任せしちゃうのも手ですね。

次に、「持ち寄りお花見ビュッフェPARTY」に合うテーブルコーディネート術をご紹介します。

お花見に合うテーブルコーディネートをすることにより、おうちでのお花見の時間が益々楽しくなりますよ。ポイントは3つです。

■「お花見PARTY」に合うテーブルコーディネート

1、桜の形&ピンク色を取り入れる。

桜の花を飾り、ピンク色がポイントになることで、よりお花見気分が盛り上がります。

2、高さを付けて豪華に

ビュッフェテーブルでは立って料理を取るので、お花も高さを出し、お料理も台座を使って奥を高く、手前を低くすると、立体感がでて豪華さを演出できます。

3、コーナー分けをする

ドリンク、主食、主菜、おつまみ、デザートなど、料理ごとにコーナー分けしてセッティングすると、それぞれが取りやすく、見た目も素敵です。

持ち寄った料理をテーブルにズラッと豪華に並べれば、テーブルにも話にもきっと花が咲きますね!

「持ち寄りお花見ビュッフェPARTY」をすることで、持ち寄った料理のレシピやおススメのお店情報の交換など、料理を通して交流が深まるのではないでしょうか。 いかがでしたか。 今年のお花見の季節は、「持ち寄りお花見ビュッフェPARTY」をぜひ楽しんでみてはいかがですか。

素敵なおもてなしを日常に。

フード&食空間プランナー。テレビ出演や雑誌などでも、笑顔の集まる食卓作りに、手軽なアイテムでのテーブルコーディネートをご提案。自宅サロン「M’s table」主宰。出張やスクールでの講師、企業さまや幼稚園ママ向けの講演なども担当。撮影や、テーブルコーディネート提案のコラム執筆など、美味しそうに見せる、楽しい食卓演出を広める活動や行事・文化を伝える活動。企業さまと消費者をつなぐ活動と多岐にわたる。

色で演出するお正月のテーブルコーディネート

お正月の食卓を華やかに演出するテーブルコーディネートをご紹介します。

秋の収穫に感謝 新米を楽しむテーブルコーディネート

100円ショップで手に入る升を使った和モダンコーディネート

初心者でも簡単!キャンドルを使用したテーブルコーディネート

寒い日は、暖かなキャンドルの炎を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごすのもいいものですよ。
Icon SVG

関連記事