Images

じっくり手間をかけて作る自家製肉バル料理

おウチで過ごす時間をもっと楽しもう!をコンセプトに肉バル料理をご紹介。お店だと高価な肉バル料理もおウチで作ると安く楽しめます。手間暇かける事で驚くほど美味しく出来る!ぜひ自家製肉バル料理試してみて!

肉はブレンドすると旨くなる!3種の肉のパテ

料理研究家の五十嵐豪です!こちらの連載では、自家製でじっくり時間をかけて美味しく作れる肉バルつまみをご紹介しています! 休日の時間を使って料理を通して粋な趣味の時間と、美味しいおつまみを堪能してみませんか?


第3回目の今回「【肉はブレンドすると旨くなる】3種の肉のパテ」を作ります。

コツはお肉をブレンドしてそれぞれの肉の特性を生かし、相乗効果で美味しさを創り出すことです。 豚肉とラム肉を合わせることで、牧草のクセのある香りが加わり味わい深いものになって赤ワインとも相性抜群!ここに鶏レバーを加えると濃厚な仕上がりになりますよ。 それではレシピをご紹介します!

材料:作りやすい分量

豚ロースかたまり肉(2cm角切り):200g

ラム肩ロースかたまり肉(2cm角切り):200g

鶏レバーかたまり肉(2cm角切り):100g

豚バラ薄切り肉:200g

赤ワイン:200ml

ブランデー:50ml

Aタイム(みじん切り):2本

Aセージ(みじん切り):5枚

Aにんにく(みじん切り):1かけ

Aくるみ(粗みじん切り):20g

Aカルダモン(粒を取り出し綿棒などで軽くつぶす):2粒

Aナツメグ:小さじ1/4

Aかぼちゃの種:15g

A塩:小さじ1

A黒こしょう:小さじ1/3

ローリエ:2枚

ローズマリー:2本

※鶏レバーは血管や脂を取り除く。 (残っていると臭みの原因になるため、しっかり取り除くようにします。)

パウンドケーキ型(縦18cm×横9cm×高さ6cm)

包丁

まな板

ボウル

フードプロセッサー

ゴムベラ

バット

オーブン

アルミホイル

ポリ袋

(作り方)

1、豚ロースかたまり肉、ラム肩ロースかたまり肉、鶏レバーかたまり肉、赤ワイン、ブランデーをポリ袋に入れて冷蔵庫にひと晩おく。(赤ワイン、ブランデーに漬けることで肉の臭みが消える上、いい風味がつきます。)

2、1の水気を切ってにんにくと一緒にフードプロセッサーに入れ、なめらかになるまで混ぜる。(なめらかになるまで混ぜることで、口当たりよく仕上がります。)

3、2をボウルに移し、Aを加えて混ぜる。(ムラなく混ぜることで仕上がりの味が均一になります。)

4、豚バラ薄切り肉をパウンドケーキ型に少しずつ重ねるように敷き詰める。(肉と肉を重ねる幅を均一にすると、型から外したときに見た目が綺麗です。)

5、3を詰める。(ムラなく火が通るよう、全体に均一に広げて詰めます。)

6、豚バラ薄切り肉で包む。(隙間のないように包むと焼き上がりが美しいです。)

7、ローリエ、ローズマリーをのせる。(ハーブをのせることでいい風味がつきます。)

8、バットにお湯をはり、7をのせてアルミホイルで蓋をし、160度に予熱したオーブンで60分焼く。 (湯せんにかけることで火の入りすぎを防止します。焼き上がったらアルミホイルを外して中心部分に金串を差し込み、透明な肉汁が出て刺した金串が熱ければ焼きあがりの目安です。肉汁が赤く濁ってるようであれば、さらに5~10分湯せん焼きします。)

9、重しをのせて粗熱がとれたら、冷蔵庫に7日間おく。(重しをすることで綺麗な見た目になり、食べ応えのある仕上がりに。7日間寝かせることで一段上のコクとまろやかさのある味になりますが、早く食べたいときは、1日寝かせたら食べてOKです。)

10、包丁の刃先で2cm幅程度に切り分ける。(刃先で切ることで形が崩れにくいです。)

11、器に盛り、粒マスタード(分量外、適量)を添える。

お好みでオリーブオイルをかけて食べるのもおすすめ!香り豊かになりますよ。


第3回目は、「【肉はブレンドすることで旨くなる】豚肉とラムのパテ」をご紹介しました。

時間をかけた甲斐があって熟成した風味とうま味にお酒がすすみます。赤ワインがあれば手が止まらなくなるほどに美味しい!!ぜひ作ってみてくださいね。

じっくり手間をかけて作る自家製肉バル料理

料理研究家 フードクリエイティブファクトリー代表
学生の時に所持金4万円・料理経験なしで料理研究家を始め、料理研究家とライター集団 株式会社フードクリエイティブファクトリーを創業。日本全国の美味しい食を伝えることをミッションに、全国各地を講演、食のコンサルティングに携わり、農水省の海外向け和食 PRサイトTaste Of Japanでレシピ動画に起用される。JETROの海外進出支援事業採択を受けてシンガポールで富山県南砺市役所のイベントプロデュースや現地雑誌での連載や料理教室を開催。J:COMを始め全国ケーブルテレビで放送中のアクトオンTVでは「男子料理道場」 のMCを担当。サンクチュアリ出版で定期的に自由な仕事を創り出す講演会を開催する。

ホロホロになるまで煮込むと美味しいチキンのカスレ

カスレとはフランス南西部の郷土料理で、肉やソーセージに豆をたくさん入れて煮込んだ料理のことをいいます...

自家製するとレベルが段違いにうまい熟成コーンドビーフ

肉には昆布と鰹のうま味を浸透させます。うま味の塊となった牛肉は最高ですよ!

余ったウイスキーで香りづけ 一晩かけて作る脂っこくない豚角煮

残ったウイスキーや買って開けてみたら好みじゃなかったウイスキーは肉料理に使うのがおすすめ。
Icon SVG

関連記事