Images

料理研究家 五十嵐夫婦の"週末夫婦ごはん"

夫婦で過ごす時間をもっと楽しもう!平日は忙しくてゆっくりとした会話の時間がとりにくくても、週末は一緒に料理をして夫婦のコミュニケーションの時間をつくりましょう。
会員限定

簡単なのにレストランの味 「チキンの生ハム巻き」

こんにちは!料理研究家の五十嵐豪とゆかりです。


週末に夫婦が一緒に作れる料理「週末夫婦ごはん」をテーマに連載でレシピをご紹介しています。

連載4回目にご紹介するレシピは、簡単なのにレストランの味 「チキンの生ハム巻き」です。


一見手の込んだ料理に見える1品ですが、少ない材料であっという間に作ることができますよ。手早く完成させたら、その分は二人の会話の時間を楽しみませんか?それでは、レシピをご紹介します。

《材料:2人分》

鶏もも肉…1枚(300g)

醤油…小さじ2

生ハム…5枚

パセリ…5g

粒マスタード…大さじ1

黒こしょう…適量

オリーブオイル…大さじ1/2

《使用する調理器具》

・ポリ袋

・スプーン

・まな板

・包丁

・オーブン


《作り方》

1.ポリ袋に鶏もも肉を入れ、醤油を加えてもみ込んで5分おく。

(1人がもみ込んでいる間に、もう1人は生ハムを用意し、オーブンの予熱を開始しましょう。)

2.1の鶏もも肉をポリ袋から取り出して天板にのせ、生ハムを鶏もも肉の全体に巻く。

(1人が生ハムを巻いている間に、もう1人は粒マスタード、オリーブオイルの準備をしておくと、手早く調理を進められますよ。)

3.2の鶏もも肉に粒マスタードを塗る。

(1人が粒マスタードを塗っている間に、もう1人は洗い物をしましょう。)

4.3の鶏もも肉にオリーブオイルをかける。

(1人がオリーブオイルをかけている間に、もう1人はミトンの準備を。塗り終えたらオーブンで焼き上げましょう。)

5.予熱した(200℃)オーブンで13〜14分焼いたら、そのまま5分おいてから取り出し、手で触れる温度になったら1cm〜1.5cm幅程度に切り分け、パセリをちぎって散らし、黒こしょうをふる。

(1人が切り分けている間に、もう1人が器の準備をし、パセリをちぎりましょう。)

今回は、簡単に作れるのにレストランの味を楽しめる「チキンの生ハム巻き」をご紹介しました。


焼きあがりを待っている間に残りの洗い物を済ませてしまえば、食べ終わったあとも片付けが楽チンです。料理をしながら同時に片付けもしっかりできるのは、二人で分担するからこそですね。 二人で作った料理をおいしく味わいながら、週末のひと時をお楽しみください!

記事をすべて読むには 会員登録 が必要です
料理研究家 五十嵐夫婦の"週末夫婦ごはん"

2013年6月の結婚を機に料理研究家夫婦としての活動を開始しました。週末の夫婦のコミュニケーション料理として週末夫婦ごはんをご提案しています。 平日は仕事で離ればなれ。毎日色々なことがあっても、長年連れ添うほどお互いを深く知る質問や会話が減ることがあります。「週末夫婦ごはん」 では、料理でコミュニケーションをとることで自然と会話が生まれ、お互いのことが気になってくる、週末を利用した家族の絆を深めるお手伝いをしたいと思っています。

特別な日の1品は二人で手作り 「ミートローフ」

パウンドケーキ型を使用して、簡単に作ることができる特別なレシピ

チーズやワインと一緒に食べたい 「自家製フォカッチャ」

一見難しそうなフォカッチャですが、分担すれば、きっと楽しみながら作ることができますよ。

週末は少しだけ豪華に!「魚介の和風パエリア」

ご紹介するレシピは、週末を少しだけ豪華に彩る 「魚介の和風パエリア」 です。
Icon SVG

関連記事