Images

お風呂のソムリエ直伝!『バスリビング』

お風呂を『体を洗うだけの場所』だと思っていませんか?
ほんの少し意識するだけで、バスタイムがより充実した時間になります。
その日の気分や体調に合わせた上質なバスタイムを提案!それが『バスリビング』

詰め替えボトルは空想して選ぶ

シャンプーは市販品をそのまま使用しますか?それともお気に入りの詰め替えボトルをみつけて詰め替えますか?


僕はバスルームの雰囲気に合わせたボトルに詰め替える派です。 人は好きなもの、気に入ったものを、見たり、聴いたり、触れたりすることで、ストレスを発散させることができるのだそうです。 これがシャンプーだ!とばかりにバスルームに存在するのもいいけれど、不思議なことにバスルームのインテリアとしてシャンプーがあったら、大切にキレイに使いたくなるのです。よく車に例えるのですが、車好きな人にとって洗車は億劫ではなく楽しいといいます。好きなものの手入れをすることでより好きになるという心理、わかる気がします。ちょっとほったらかすとボトルの底がヌメってなってしまうシャンプーボトルを、自分の好きなものに変えれば、知らず知らずに清潔感を保てるので、精神的にも気持ちのよい空間になります。


【憧れのバスルーム空間はどんな感じ?】

どんなバスルームにしたいかを頭に描いてから探し始めると、なんとなく素材も見えてくるので、探しやすくなると思います。


●憧れのホテル空間には陶磁器(陶器・磁器)

一般的に白いものが多く、ホテルのような高級感があります。小柄なタイプがメインなのでシャンプーボトルというよりハンドソープボトルが一般的。洗面台などのサニタリールームと相性抜群です。

●おしゃれで高級感のある空間にはアクリル製

正確にいうとアクリルはプラスチックのひとつですが、ガラスのような透明感と重厚感があるので、プラスチック類から独立したイメージがあります。光の屈折によりさまざまな表情を見せてくれるのが特徴で、窓のあるバスルームでは夜と朝では違った雰囲気になると思います。

●機能性もデザイン性もどっちも外せない方にはプラスチック

プラスチック製は色やデザインが豊富。その特徴も様々ですが、軽く安価なものが多いので、Myシャンプーボトル初心者の方はまずプラスチック製から試されるのがよいでしょう。

●都会的なできる男にはステンレス

無機質でシックな空間が洗練された空間を作ります。金属の中ではサビに強く、丈夫で耐久性に優れたステンレス製はとくに男性に人気があります。



【注ぎ口とポンプの確認を】

ポンプ部分にもさまざまな形があります。 押しやすいか、壊れにくくないか、などポンプ部分は意外と重要なポイントです。小さなお子さまだって自分で押したい!そんなときはポンプ部分が広めのものを選ぶとよいでしょう。ポンプが太ければワンプッシュの量がたくさん出ます。髪の長い方は太めポンプがおすすめ。逆に短髪の方は太めだと無駄遣いになってしまうので、細めポンプで量の調節を。購入した後に届くお客様からのお言葉の中で、意外と多いのが「ビジュルアルは気に入ったけど、詰め替えの口が小さすぎた・・・」ということ。毎日詰替えるわけではないけれど、わざわざロートを取り出して詰替えるのは面倒と感じる方も結構いらっしゃるんですね。


だから僕が運営する通販サイトは、できるだけ注ぎ口や前述のポンプ部分をお見せするようにして、デメリットもあるけどそれも含めてこの商品を気に入っていただけましたか?とお伝えするようにしています。購入した後に後悔してほしくないので、小さなイライラも感じないで楽しくバスタイムをおくっていただきたいと思っています。

【お手入れ方法】

水道水に含まれたカルキ(炭酸カルシウム)が付着したら、柔らかいスポンジを使ってお湯で洗い流します。それでも落ちないようであれば中性洗剤を使いましょう。塩素系はどんな素材でも使うのは避けてください。ポンプの出が悪くなったら、ポンプ部分をぬるめのお湯に数分浸け置きして、ポンプを何度かプッシュしてみてください。せっかく出会った自分好みのボトルですから、末永くお付き合いをしてあげてくださいね。

一覧へ

お風呂のソムリエ直伝!『バスリビング』

お風呂のソムリエ。温泉入浴指導員。バスリエ株式会社 代表取締役。一般社団法人HOT JAPAN 代表理事。
2005年お風呂グッズの専門店開業。お風呂は洗う「場」ではなく「暮らす」空間として提唱しお風呂を通じて暮らしを豊かにするため「全人類!お風呂のソムリエ化計画」を遂行中。
また日本の風呂文化普及のため2015年一般社団法人HOT JAPAN設立。現在、日本独自の文化と言える「風呂」のユネスコ世界無形文化遺産登録を目指し活動中。

バスローブで湯上りに得する過ごし方

「湯上りパジャマ」よりもの「湯上りバスローブ」のほうがすぐれている3つの点

お風呂は技術~お風呂も車も安全運転~

体を癒したいのか、頭を癒したいのか、心を癒したいのか。実はお風呂の入り方は目的によって技術があるんで...

すぐにあたたまりたい!冬のお風呂の落とし穴

ヒートショックとは、冬場に暖かな浴室から脱衣所へ出た時、“ヒャッ”“ゾクゾクッ”となる、あれです。
Icon SVG

関連記事