空間や経過年を選択すると見たい空間・時期 のメンテナンス情報がわかります。

トイレ 5〜10年目の
メンテナンス

メンテナンス項目

  • 負圧破壊装置(バキュームブレーカー)を点検が必要です。(点検の目安は取付日から6年)
  • 脱臭カートリッジを交換してください。
  • 部品が摩耗、劣化すると水漏れなどの原因となりますので交換が必要です。※
  • ノズルやノズルシャッターの汚れがきになるときは部品交換してください。
  • プロガードの効果が低下したら再加工(リフレッシュプロガード)をおすすめします。
※ 摩耗・劣化する部品の例:止水弁、温水タンク、洗浄ノズル、便座、便フタ、スローダウン、脱臭ファン など

右のアイコンの項目は、お客さまでも修理可能です。

概算費用

1~5万

お客さまでメンテナンス

ノズル等トイレのパーツを購入できます。

パーツショップで部品を購入

メンテナンスパックがお得!

LIXILに依頼

WEBで修理依頼ができます。

修理依頼

メンテナンスパックとは?

年会費1,200円(税別)でLIXIL製品の修理費用がお申し込み当日からお得になるサービスです。修理受付は365日24時間対応します。

> 水まわりの概算修理見積 LIXIL製品の修理費用がお得なメンテナンスパック(有料)今回の修理費用より20%OFF

定期点検サービス

温水洗浄便座(シャワートイレ)は電気製品で寿命があるため、想定安全使用期間が約10年となります。年劣化や故障が見落とされたまま、長期間ご使用されると、火災・けがなどの重大事故につながる恐れがありますので定期点検をおススメします。
LIXILでは点検必要時期に気づきとしてトイレが点滅または点灯します。

定期点検サービス

おススメのサービス

困りごとは
リフォームで解決

「毎日使うトイレだから、もっと居心地良い空間にしたい」、「トイレそうじは気合いを入れなきゃ…もっと簡単にキレイにできないの?」
そんな困りごとをリフォームで解決できます。

リフォームで解決