台風から「窓」を守る 第2回

窓ガラスの飛散を防止する応急措置

空間
窓まわり
関心
防災季節

 前回、防災アドバイザーの高荷智也さんによる「5つの窓割れ対策」のうち、確実に窓割れを防ぐことができる(1)と(2)をご紹介しました。

 (1)雨戸やシャッターを閉める
 (2)窓の外側からベニヤ板やプラダン(プラスチック製のダンボール)を貼る
 (3)窓の内側に飛散防止フィルムを貼る(もしくは窓を合わせガラスにする)
 (4)窓の内側にダンボールを貼る
 (5)窓の内側に養生テープを貼る

 第2回では、(1)と(2)より優先順位は劣るものの、応急処置として取り組みたい(3)~(5)の対策をご紹介します。

【優先順位3】窓の内側に飛散防止フィルムを貼る

 窓割れ対策として3番目に有効なのが、「飛散防止フィルムの貼り付け」です。

 この方法は、あくまでも「割れてもガラスが飛び散りづらくなる」ための対策。窓割れを防ぐなら、雨戸やシャッターの方が確実です。
 しかし、飛散防止フィルムには、雨戸やシャッターにはない効果があるそうです。

「雨戸やシャッターは常時閉めているとは限らず、突風や竜巻による突発的な飛来物には対応できません。その点飛散防止フィルムなら、一度貼ってしまえば常時効果を得ることができます。また、強風以外にも、大地震対策としても有効です。

 あらゆる災害から窓を守るためにも、雨戸・シャッターの取り付けに加えて、窓の内側に飛散防止フィルムを貼ることをおすすめします」

 飛散防止フィルムの性能は、フィルムの厚みに左右されるといいます。

「厚いフィルムほど高額にはなりますが、その分頑丈で、飛来物の貫通そのものを防いでくれる可能性が高くなります」

 貼る際の注意点は、ぴったり合ったサイズのものを貼ることだそうです。

「窓からはみ出すとすぐ剥がれてしまい、逆に小さければ飛散防止効果が低くなりますので、必ず窓枠の大きさに合ったサイズのものを貼ってください。規定サイズのものがピタリとはまる場合は、そのまま貼って大丈夫です。

 一方、サイズがない場合は、窓枠の大きさに合わせてカットする必要があります。とはいえ、この作業が結構大変ですので、ネット通販などでオーダーカットのフィルムを注文するのがおすすめです」

 ちなみに、飛散防止フィルムを貼る代わりに、窓を合わせガラスにする方法もあります。しかし、この方法は(1)と(2)同様、大掛かりな対策となるので、応急措置にはなりません。手軽さを優先するなら、飛散防止フィルムのほうがおすすすめだといえるでしょう。

【優先順位4】窓の内側にダンボールを貼る

 飛散防止フィルムを貼る余裕がない場合にやっていただきたい対策が、(4)の「ダンボールの貼り付け」です。しかし、この対策は「やらないよりはマシだが、劇的に効果が得られるとは限らない」と高荷さん。

「窓のサイズにカットしたダンボールをきちんと窓枠に貼り付けておけば、ある程度の飛散防止効果を得られます。ただ、内側に貼っていても、万が一窓ガラスが割れるとふやけて穴が空きますので、あくまでも『飛来物が衝突してガラスが割れた瞬間の飛び散りを減らす』効果しか得られないと心得ましょう」

【優先順位5】窓の内側に養生テープを貼る

 最後にご紹介する窓割れ対策は「養生テープの貼り付け」です。しかし、この対策も「やらないよりマシだが、効果はかなり限定的」だそうです。

「この方法も(4)と同様、『飛来物が衝突してガラスが割れた瞬間の飛び散りを減らす』効果しかありません。テレビなどでよく、養生テープを米印に貼り付ける方法などが紹介されていますが、『米印に貼ると高い効果が得られる』といったエビデンスもありません。

 養生テープを貼るなら、窓の全面に貼るべきです。そうすれば、飛散防止フィルムと同じような効果が得られるでしょう。とはいえ、台風のたびに、すべての窓に養生テープを貼り付けるのは手間だし、コストもかかります。だったら一度、飛散防止フィルムを貼ってしまうことをおすすめします」

カーテンやブラインドを必ず閉める

 ここまで5つの窓割れ対策をご紹介しましたが、いずれの方法をとるにしても、カーテンやブラインドを閉めることを忘れないでください。なぜなら、飛来物で窓が砕けた際、何もないよりは室内へのガラスの飛び散りを軽減してくれる可能性があるからです。

 次回は、窓ガラスが割れてしまったときの対策を解説します。

PATTOリクシル マド本舗

万が一窓ガラスが割れた場合は、プロに相談するのがベストです。もしもの時は「マド本舗」にご相談ください。

お話を伺った方

高荷智也さん

「自分と家族が死なないための防災対策」と「企業の実践的BCP策定」のポイントをロジック解説する専門家。大地震や感染症パンデミックなどの防災から、銃火器を使わないゾンビ対策まで、堅い防災を分かりやすく伝えるアドバイスに定評があり、講演・執筆・コンサルティング・メディア出演など実績多数。著書に『中小企業のためのBCP策定パーフェクトガイド』など。1982年、静岡県生まれ。

文◎八木麻里恵
人物写真◎加々美義人
画像提供◎Shutterstock/PIXTA

リクシルオーナーズクラブ(年会費無料)